グリーンスムージーダイエットの好転反応とその対策

グリーンスムージーダイエットの好転反応についてあらかじめ
解説しておきます。

ama

グリーンスムージーダイエットを始めるときに気をつけないといけないのが好転反応です。グリーンスムージーで体が起す反応のことですが、ほとんどの場合ではグリーンスムージーで体に悪い影響を与えることはありません。

しかし中にはグリーンスムージーを飲み始めて、頭痛、吐き気、腹痛などを起してしまう人がいますが、胃腸がグリーンスムージーに慣れるまでの間ですから、このような好転反応はすぐに収まりますので、心配はいりません。

野菜は体に良い酵素や栄養分で豊富ですから、毎日でもグリーンスムージーを飲む必要があるものです。体に悪いものではありませんし、特に自分で作るグリーンスムージーには添加物も入っていませんので、安心して飲むことが出来ます。

健康食品などで販売している粉末のグリーンスムージーなどを飲む場合には成分を良く確認してから飲んで下さい。無添加のものがお勧めです。

飲み始めて表れる好転反応は、そのうちに改善されますが、あまりひどい状態が続くようでしたが飲むことは中止したほうがよいでしょう。

特にグリーンスムージーは体が冷えてしまうというデメリットがありますので、好転反応の対策として体調が悪いときなど、冷え性の方は特に気をつけて飲んで下さい。

量を沢山飲みすぎるとこのような好転反応が出る場合もありますから、一日分のグリーンスムージーを時間をかけて何度かに小分けして飲んでもいいですね。

満腹感がありますので、食前に飲むことでダイエットにも効果的になります。野菜の栄養分は新陳代謝を高めますので、運動の前にも効果的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする