グリーンスムージーの飲み方、最適な時間帯について

PRI_20140629104944

グリーンスムージーダイエットにはおすすめの飲み方や時間帯というものがあります。

まずグリーンスムージーを効果的に飲む為には時間が大切です。グリーンスムージーに使う野菜や果物の成分を体内に吸収させるには、40分ほど時間を置くことが必要です。その間は何も食べずに、胃腸の動きを活発にしておくことが必要です。

グリーンスムージーを朝に飲むことで、便秘の解消になりますし、置き換えダイエットとしても効果があります。そして夕飯の前にグリーンスムージーを飲むことで、食事量を減らすこともできますので、効率よくダイエットをすることが出来ます。

そして飲み方としておやつ代わりに飲むためには、グリーンスムージーの1回分を一日に何度かに分けて飲んでも効果があります。空腹になったときに少しずつおやつとして飲んでみましょう。

スナック菓子や甘いお菓子は脂肪の原因になりますし、カロリーを取りすぎてしまいます。ダイエット中はストレスもたまりやすくなりますので、お腹が空いたときのグリーンスムージーは、とても効果的です。

胃腸の活動を活発に作用もありますので、特に夕飯の前など、胃腸に負担のかかる食事の前にはグリーンスムージーが必要です。グリーンスムージーは、いつでも好きなときに飲んで大丈夫ですが、飲むタイミングを工夫することでダイエットにはとても効果があります。

野菜は加熱しなで食べるほうがビタミンなども損なわれずに吸収することができますので、夜のグリーンスムージーはお肌のためにもなりますので、エイジングケアとしてもいいですね。

続けて飲まないと効果がありませんので、グリーンスムージーは日課として飲み続けましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする