グリーンスムージーで健康的にダイエット!1日にどのくらい飲むのが適当?その他の注意点は?

Fresh green smoothie

葉もの野菜をベースに果物を加えて作るグリーンスムージー。ハリウッドセレブたちが愛飲し、ダイエットに成功しているとして、日本でも注目されるようになりました。

美に関心があるモデルや女優には、グリーンスムージーを飲んでいる人が多く、レシピが公開されることもあります。いつ飲むのが良いのか?1日にどのくらい飲むと良いのか?何を入れても良いのか?飲む時にどのようなことに注意したら良いのか?初心者の疑問を解消します。明日から、あなたもグリーンスムージー習慣を始めませんか?

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //moba8 ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //affiliate-b 'グリーンベリースムージー', '葉酸グリーンスムージー', '低糖質豆乳飲料', '低糖質豆乳飲料', 'おなかラボ', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'マジカルスムージー', '実感_300x300', 'スリムホワイトスムージー', 'スリムホワイトスムージー', 'houbi(宝美)', 'グリーンベリースムージー', 'グリーンベリースムージー' ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

酵素やビタミンたっぷりの代表的ローフード

グリーンスムージーを考案したのは、アメリカのローフード研究者です。ローフードとは、食材を加熱せず、生の状態で摂取する食べ物のこと。

加熱調理しないのは、健康に欠かせない酵素や水溶性ビタミンを損なうことなく摂取するためです。酵素や水溶性ビタミンは、熱に弱いため、加熱調理すると、栄養価が下がってしまいます。 グリーンスムージーは、緑の葉もの野菜と果物をミキサーにかけてグリーンスムージー状にしたドリンク です。酵素や水溶性ビタミンが、たっぷり含まれています。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //moba8 ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //affiliate-b 'グリーンベリースムージー', '葉酸グリーンスムージー', '低糖質豆乳飲料', '低糖質豆乳飲料', 'おなかラボ', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'マジカルスムージー', '実感_300x300', 'スリムホワイトスムージー', 'スリムホワイトスムージー', 'houbi(宝美)', 'グリーンベリースムージー', 'グリーンベリースムージー' ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

多くの人が実感する優れた便秘解消効果

グリーンスムージーを飲みだして、真っ先に実感する体調の嬉しい変化として、多くの人が口にするのが、便秘の解消。 「飲みだしたら、毎朝、スッキリするようになった。こんなこと、初めて!」「グリーンスムージーを飲むと、次の日は必ずお通じがある」「便秘薬を飲んでいてもイマイチだったのに、グリーンスムージを飲むと、お通じがある!」 など、グリーンスムージを飲みだして、3~4日経つと、便秘が改善されたと実感する人が多いようです。長くても、飲みだしてから1週間のうちに、変化を感じる人が大半のようです。

便秘は、ダイエットの大敵。ポッコリお腹の解消は、美しく痩せる必須条件です。飲みだして間もなく便秘を解消してくれるグリーンスムージーは、ダイエットにうってつけと言えます。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //moba8 ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //affiliate-b 'グリーンベリースムージー', '葉酸グリーンスムージー', '低糖質豆乳飲料', '低糖質豆乳飲料', 'おなかラボ', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'マジカルスムージー', '実感_300x300', 'スリムホワイトスムージー', 'スリムホワイトスムージー', 'houbi(宝美)', 'グリーンベリースムージー', 'グリーンベリースムージー' ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

グリーンスムージーは食物繊維とクロロフィルのW効果

グリーンスムージーが優れた便秘解消効果を発揮するのは、豊富に含まれる食物繊維とクロロフィルのお蔭。食物繊維とクロロフィルのW効果で、グリーンスムージーはお通じを改善すると考えられています。

食物繊維が優れたデトックス効果を持つことはよく知られていますが、この食物繊維に加え、グリーンスムージーはクロロフィルを豊富に含んでいます。 クロロフィルとは葉緑素 のことです。葉もの野菜をベースに作るグリーンスムージーには、クロロフィルがたくさん含まれています。

クロロフィルは、マグネシウムを含有し、マグネシウムだけは体内に吸収されますが、それ以外の成分は体外に排出されます。その時、腸内の不要物質を絡めとって一緒に排出してくれます。しかも、分子が食物繊維よりも小さいので、よりしっかりと老廃物を排出してくれます。便秘を解消してくれるわけです。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //moba8 ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //affiliate-b 'グリーンベリースムージー', '葉酸グリーンスムージー', '低糖質豆乳飲料', '低糖質豆乳飲料', 'おなかラボ', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'マジカルスムージー', '実感_300x300', 'スリムホワイトスムージー', 'スリムホワイトスムージー', 'houbi(宝美)', 'グリーンベリースムージー', 'グリーンベリースムージー' ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

グリーンスムージーは豊富な酵素で代謝をアップ

代表的ローフードであるグリーンスムージー。グリーンスムージーには、酵素が豊富に含まれています。加熱調理することなく、生のままミキサーにかけて作っているためです。

ダイエットに必要なのは、代謝を上げること。代謝が上がると、消費カロリーが増えて、徐々に太りにくい体質になっていきます。

1日の消費カロリーを多くするには、午前中から代謝を上げるのが有効。グリーンスムージーは、健康のためなら、1日のうちのいつ飲んでも構いませんが、 ダイエットのために飲むなら、朝飲むのがオススメ です。

たっぷりの酵素をしっかりと吸収するには、グリーンスムージーだけで胃をいっぱいにさせるようにしましょう。そのためには、飲み方に2つの注意を払いましょう。1つは、飲む時にはお腹が空っぽの状態であること。もう1つは、グリーンスムージーを飲んだ後、40~60分間は食事を摂らないこと。この2つの条件をクリアすれば、グリーンスムージーに含まれた酵素をしっかりと吸収することができます。

朝飲めば、この条件の1つは確実にクリアできます。夕食を摂ってから、最低7~8時間は経っているためです。もう1つの条件をクリアするには、朝食をグリーンスムージーに置き換えるのが便利。葉もの野菜と一緒に使う果物にはけっこうカロリーが高いものがありますので、置き換えてもほとんど支障はありません。

また、 グリーンスムージーは、実際には飲むというより、食べるということをイメージした方が適当 です。噛みながら食べると、満腹感が得られます。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //moba8 ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //affiliate-b 'グリーンベリースムージー', '葉酸グリーンスムージー', '低糖質豆乳飲料', '低糖質豆乳飲料', 'おなかラボ', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'マジカルスムージー', '実感_300x300', 'スリムホワイトスムージー', 'スリムホワイトスムージー', 'houbi(宝美)', 'グリーンベリースムージー', 'グリーンベリースムージー' ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

ダイエットのためには1日1リットルが目安

朝食をグリーンスムージーに置き換えるのが、グリーンスムージーダイエットの王道とされています。お腹が空っぽの状態で飲み、飲んだ後、40~60分間は食事を摂らないために、豊富な酵素がしっかりと体内に吸収され、代謝を上げて1日の消費カロリーを多くしてくれるからです。

便秘解消や体臭解消といった目的なら、1日に350㎖くらいの摂取量でも全く問題はありません。食事と一緒に摂るようなら、そのくらいの量が無理のない量になります。しかし、ダイエットのために1食置き換えるとなると、350㎖では足りません。最低、1ℓは飲み、1ヶ月は続けることが必要とされています。

トータルで1日に1ℓ。ただし、グリーンスムージーに含まれる酵素は、時間が経つにつれて減少していきます。作ったら、できるだけ時間を置かずに飲むようにしましょう。朝食だけで1ℓ飲みきるのは厳しいでしょうから、朝食後にも、ちびちび飲むと良いでしょう。小腹が空いた時に間食代わりに飲むようにしてみましょう。ただし、昼食を摂る40分前には飲み終えるようにしてください。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //moba8 ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //affiliate-b 'グリーンベリースムージー', '葉酸グリーンスムージー', '低糖質豆乳飲料', '低糖質豆乳飲料', 'おなかラボ', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'マジカルスムージー', '実感_300x300', 'スリムホワイトスムージー', 'スリムホワイトスムージー', 'houbi(宝美)', 'グリーンベリースムージー', 'グリーンベリースムージー' ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

グリーンスムージーの置き換えダイエットは1日1食にする

毎日1ℓは飲むのなら、もう少し多くして、ついでに朝食と昼食を置き換えたら、ダイエット効果が早く出るのでは?そう考える人も多いことでしょう。しかし、急がば回れ。グリーンスムージーの置き換えは、1日1食です。 急な食事制限は、体の負担になってダイエット臭の元

グリーンスムージーダイエット期間中は、たんぱく質が不足しがちなので、昼食と夕食では、積極的にたんぱく質を摂取して、筋肉の量を低下させないようにしましょう。筋肉量が低下すると、基礎代謝も低下してしまいます。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //moba8 ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //affiliate-b 'グリーンベリースムージー', '葉酸グリーンスムージー', '低糖質豆乳飲料', '低糖質豆乳飲料', 'おなかラボ', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'マジカルスムージー', '実感_300x300', 'スリムホワイトスムージー', 'スリムホワイトスムージー', 'houbi(宝美)', 'グリーンベリースムージー', 'グリーンベリースムージー' ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

グリーンスムージーの食材選びで注意したい5つのポイント

ダイエットのためにグリーンスムージーを作る時には、食材選びにも十分注意を払いましょう。美味しく飲めても、ダイエットには不向きな食材もあるためです。

1.牛乳、ヨーグルト、豆乳などのたんぱく質は入れてはいけない。

加えると、グンと味がまろやかになるこれらの食材は、入れないことが大切です。たんぱく質と野菜では、消化の方法が異なるからです。消化方法が異なる2つのものを同時に摂取すると、胃腸に負担がかかり、太りやすい体質になってしまいます。また、乳製品には乳糖が含まれています。乳糖は、腸には負担となります。やはり太りやすくなってしまいます。

2.食材は、常温で。体の冷えは、ダイエットの大敵。

氷は入れないようにしましょう。また、食材は、グリーンスムージーを作る30分前には冷蔵庫から出しておくようにしましょう。

3.夏が旬のものや暖かい国で育つものをまとめて入れない。

夏が旬のものや暖かい国で育つものは、生で食べると体を冷やすとされています。葉もの野菜自体、生で食べると体を冷やしやすいので、他の食材を選ぶ時に注意しましょう。ただし、オレンジは例外で、暖かい国で育っても、体を温めてくれます。

4.果物を入れすぎない。

果物は意外とカロリーがあります。果物たっぷりのグリーンスムージーでは、1杯で500kcal以上になることもあり得ます。野菜と果物の標準的な比率は、野菜40%、果物60%とされています。果物の量に注意しましょう。

5.でんぷん質の野菜は使わない。

でんぷん質は、果物の酸味と食べ合わせが悪く、腸内で発酵してガスが出やすくなります。キャベツ、ブロッコリー、オクラ、ズッキーニ、サヤエンドウなどは使わないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする