糖質制限・置き換えダイエットの 意外に知られていない落とし穴

糖質制限は必要?スムージー置き換えダイエットの注意点

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //moba8 ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //affiliate-b 'グリーンベリースムージー', '葉酸グリーンスムージー', '低糖質豆乳飲料', '低糖質豆乳飲料', 'おなかラボ', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'マジカルスムージー', '実感_300x300', 'スリムホワイトスムージー', 'スリムホワイトスムージー', 'houbi(宝美)', 'グリーンベリースムージー', 'グリーンベリースムージー' ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

糖質制限は必要?スムージー置き換えダイエットの落とし穴

食事制限ダイエットの中でも人気の糖質制限ダイエット。手軽に実行できるうえ、月単位で減量できるので、挑戦したことがあるという人も多いでしょう。しかし同時に、糖質制限ダイエットの危険性を指摘する医師・栄養士も少なくありません。
1回の食事をスムージーに置き換える【スムージー置き換えダイエット】でも糖質カットに繋がりますよが、実はあまり知られていないリスクが存在します。

糖質制限が危険と言われる理由

okikae2糖質制限が危険とされる理由は数多くありますが、今回とくに注目するのは「栄養バランスの偏り」と「リバウンドと継続性」の2つです。

私達は生きていく上で必要なエネルギーは、糖質(4kcal/g)・脂質(9kcal/g)・たんぱく質(4kcal/g)から摂取しています。これらの栄養素から得られるエネルギーの比率は糖質50~60%、脂質20~30%、たんぱく質15~20%とされています(例えば、1日1600kcalを摂取している場合、糖質220g、脂質45g、たんぱく質80gを摂る)。

しかし糖質制限をすれば、その分のエネルギーを脂質やたんぱく質に頼らざるを得ません。脂質の摂り過ぎは脂質異常症や脂肪肝、肥満、タンパク質の摂り過ぎは肝臓や腎臓の疲労を招きます。また、糖質をカットする、つまり主食を減らすと、おかずをたくさん食べなければ満足感が得られませんよね。調味が必要なおかずの量が増えれば増えるほど、必然的に塩分量も増えていきます。塩分の摂り過ぎは高血圧や腎臓への負担の原因となるだけでなく、女性、とくにダイエッターが避けたいむくみを引き起こしてしまうことも。

糖質制限ダイエットは継続しないとリバウンドしやすいダイエット方法としても有名です。しかし実際は継続したときに身体に与える影響の有無について、確かなデータは示されていません。寧ろ、糖質制限の継続によって動脈硬化のリスクが高まる可能性があると言われています。痩せるために糖質制限をはじめ、リバウンドしないように続けたとき、どのような影響があるか分からないのってちょっと怖いと思いませんか?

また、中途半端な糖質制限をすることも問題です。糖尿病食に用いられるということでも有名なので、信頼性の高い糖質制限食ですが、これは基本的に医師や栄養士の指導の下で行われます。「糖質をカットすれば好きなだけ食べられる」などの大雑把な解釈で間違ったダイエットを続けることは、身体の健康を阻害する恐れがあります。

糖質を減らさなければならない人とは?

ハンバーガー勿論、ダイエットに糖質制限が必要な人もいます。
それは「明らかに糖質の多い食事をしている人」「エネルギー過多な食事をしている人」です。前者は糖質のみ、後者は糖質・脂質・たんぱく質を全体的に少なくする必要があります。

前述した通り、エネルギーは糖質・脂質・炭水化物からバランスよく摂ることが推奨されています。糖質由来のエネルギー比率は50~60%ほどが推奨されていますが、ここに全体の80%のエネルギーにもなる糖質を摂取していたらバランスが取れていませんよね。エネルギー全体が少なければ脂質・たんぱく質を増やす場合もありますが、多ければ糖質を減らし、このバランスがとれるようにしましょう。

糖質制限にはさまざまなリスクがあると説明しましたが、エネルギーの比率が理想になる程度に糖質をカットすることは、当然健康な身体に必要なことなのです。自分にとって糖質制限という方法に意味があるかどうか、よく考えてから取り組むのが健康づくりやダイエット成功の秘訣です。

スムージー置き換えダイエットをするときの注意点

ここまで説明した糖質制限のリスク、必要の有無についてはスムージー置き換えダイエットの場合も同じです。
普段の食事で糖質が足りていない人や、ちょうど足りているぐらいの人は要注意。このような人たちは置き換えダイエットによって、糖質の摂取量が一日に必要とされる量に足りなくなるので、その分を他の食事でしっかり補いましょう。スムージーの材料であるフルーツにも糖質(果糖)が含まれますが、主食(ご飯・パン・麺類など)に比べてかなり少量なので過信は禁物です。

※私の知人は糖質ダイエットを継続中にめまいなどを起こしてしまった人もいます。

一方、糖質だけが多い食事をしている人は主食(ご飯・パン・麺など)でお腹をいっぱいにしていることが少なくありません。つまり、おかずが少なく、栄養バランスが偏りがちな食生活をしている恐れがあります。そのため、スムージー置き換えダイエットはおすすめのダイエット方法と言えるでしょう。

なぜなら「摂り過ぎている糖質をカット」「不足しがちなビタミン・ミネラルの補給」が同時に行えるからです。そう考えると、スムージー置き換えダイエットの効果を一番感じやすいのは、普段糖質過多な食事をしている人かもしれませんね。

まとめ:糖質制限は必要?スムージー置き換えダイエットの注意点

簡単ですぐに効果が表れるダイエットって、どうしても魅力的に見えますよね。エネルギー源である糖質を減らせば、その分体重が減るというのは当然です。しかし、それは同時に健康を害する恐れもあるということを忘れないでください。本当に「ヘルシーな食事」というのは、「糖質制限食」でも「ビタミンやミネラルたっぷりの野菜類のみの食事」でもなく、「必要な栄養素がバランス良く摂れる食事」なのです。

スムージー置き換えダイエットも同じ。朝昼晩すべての食事をグリーンスムージーに変えたら、確かにエネルギー不足で痩せることはできるでしょう。しかし、グリーンスムージーは「痩せるための魔法の飲み物」ではなく、あくまで「不足しがちな栄養素を手軽に摂れるヘルシードリンク」。自分の生活に必要なものかどうか、この記事を参考に、一度自分の身体に問いかけてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする