食べても太らない?脂肪になる前に消費する方法

onaka_woman

人が太るときって体に何がつきますか?

脂肪ですよね。

皮下脂肪、内臓脂肪。脂肪は体中の至るところに蓄積されます。

そもそも脂肪は悪いものではありません。

人間は食べることでしかエネルギーを摂ることができません。植物のように光合成をして自分でエネルギーを作り出すことはできません。

そのため長い進化の過程で、摂取したエネルギーで余った分を脂肪に変えて体に蓄えるようになりました。エネルギーが足りなくなったら脂肪を分解してエネルギーにします。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //moba8 ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //affiliate-b 'グリーンベリースムージー', '葉酸グリーンスムージー', '低糖質豆乳飲料', '低糖質豆乳飲料', 'おなかラボ', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'マジカルスムージー', '実感_300x300', 'スリムホワイトスムージー', 'スリムホワイトスムージー', 'houbi(宝美)', 'グリーンベリースムージー', 'グリーンベリースムージー' ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

体に脂肪を蓄えない方法とは?

食べることで摂取したエネルギーが余るから脂肪になります。

エネルギーとはカロリーのこと。

脂っぽい料理とか脂質・糖質たっぷりの食事は高カロリーです。

ということは、脂っこい食事を控えたり食事の量を控えれば、摂取カロリーも少なくなってエネルギーも余ることもなくなります。脂肪になることもありませんね。

これは当然のことで、これができれば誰でも苦労しないで痩せることができます。

でも、常に食事の量を控えたり、カロリーを気にして食事をするなんて、日常生活を送っているとなかなかできることではありません。

でも、 食べ過ぎても脂肪にならない方法があるんです!

脂肪として蓄えられるのは24時間~48時間

食事で摂取した栄養素は、胃腸で消化されて吸収されます。

このとき「グリコーゲン」という成分に変えられて、一度的に肝臓やじん臓といった臓器に蓄えられます。

そこで日々の生活で必要な分のグリコーゲンを消費して体を動かすエネルギーに変えますが、グリコーゲンが使われず余った分が脂肪として蓄えられます。

この、 グリコーゲンから脂肪に変わるまでの時間が24時間~48時間 と言われています。

つまり、脂っぽい食事をしたり食べ過ぎたりしても、 24時間~48時間以内に消費できれば脂肪として蓄積しない ということです。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //moba8 ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //affiliate-b 'グリーンベリースムージー', '葉酸グリーンスムージー', '低糖質豆乳飲料', '低糖質豆乳飲料', 'おなかラボ', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'マジカルスムージー', '実感_300x300', 'スリムホワイトスムージー', 'スリムホワイトスムージー', 'houbi(宝美)', 'グリーンベリースムージー', 'グリーンベリースムージー' ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

グリコーゲンを消費する方法

じん臓や肝臓に蓄えられたグリコーゲンを消費する方法は2つあります。

・運動で消費する
・食物繊維で消費する

運動でグリコーゲンを消費する

ひとつは運動で消費する方法。

run_woman

グリコーゲンは体を動かすために使われるから、運動して体を激しく動かせばその消費量は多くなります。

「結局運動しなければ痩せないの?」と思うかもしれませんが、脂肪を消費する目的の運動とグリコーゲンを消費する目的の運動は全然違います。

グリコーゲンは、脂肪よりも少ない運動量で多くを消費することができます。
つまり、 グリコーゲンのうちに運動した方が痩せやすい ということです。

そのため、脂っぽい食事をしたり食べ過ぎたりした次の日に運動すれば、脂肪として蓄積する前に消費することができて太らないんです。

食物繊維でグリコーゲンを消費する

食物繊維には、じん臓や肝臓に蓄えられたグリコーゲンを流す効果があります。

fruit_vege

食物繊維を摂ることで、体内の代謝がよくなってグリコーゲンが使われやすくなります。

食物繊維を摂っても食事の量をいつもどおり食べてはあまり意味がありません。せっかくグリコーゲンが使われやすい状態なのに、またグリコーゲンを生成してしまうからです。

食べ過ぎたり高カロリーの食事を摂った翌日に、食物繊維を多く含んだ食べ物で1日間の超短期ダイエットをすることで、前日に食べ過ぎた分が脂肪にならずに消費されます。

この方法はかなり有効な方法で、普通にダイエットをして脂肪を落とすよりも 何倍もの効果 があります。それほどグリコーゲンの状態なら落としやすいんです。

テレビに出てくる女優さんやモデルが、よく焼き肉を食べたりお腹いっぱい食べている映像が放送されますよね?あれだけ食べて何で太らないのか?

それは、翌日に食物繊維をたっぷり摂って摂取カロリーを控える 超短期ダイエットを実践 しているからです。

====

当サイトでご紹介しているスムージーも、食物繊維が豊富で低カロリー。ダイエット食品として販売されているのだから当然ですよね。

watasi_01 話題のチアシード入りでさらにダイエット「わたしとよりそうスムージー」

1ヶ月、2ヶ月単位のダイエットだとなかなか続かないかもしれないけど、1日2日のダイエットならできると思いませんか?

食べ過ぎた次の日に、スムージーで調整するだけで体重が減っていくのだから、ぜひ試してみて欲しいです。

ダイエットするタイミングってそれほど重要なんですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする