スムージーダイエットの方法と正しいダイエット

本記事はこのサイトを始めるにあたりまして、最初に記載した記事です。

当サイトを監修する私は2013年の7月からダイエットのサイトを運営してきました。(別サイト)

そちらのサイトでは、フィットネストレーナーさんやピラティストレーナーさん、整体師さんなどと共に記事を作成してきました。そのサイト上には1000近くの記事があり、もちろん私自身も記事を書きますが、外部の方に書いて頂いた記事の全てに目を通し、正しい情報の提供を心がけてきました。

そして、その過程で私自身も学びながら、ダイエットアドバイザーの資格取得などをしながらダイエットの知識を深め、のべ2000件以上のダイエットに関する質問に回答してきました。

いただく質問などでも、なかなか痩せることができない、食事制限に頼りすぎたダイエットで生理周期が乱れがちになる、といったお悩みを多く頂戴していました。

ダイエットに関して非常に多くの情報が溢れており、「何を正しいと信じ、何をすればよいか分からない」といった声もよく聞かれます。

その他にも「間食を抑えることができない」、「運動が嫌い」、「ダイエットが続かない」といったお悩みが多い傾向があります。

スムージーをダイエットに活用する方法やオススメの方法をご紹介前に「正しいダイエット」とはどのようなものかをまずご紹介します。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //moba8 ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //affiliate-b 'グリーンベリースムージー', '葉酸グリーンスムージー', '低糖質豆乳飲料', '低糖質豆乳飲料', 'おなかラボ', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'マジカルスムージー', '実感_300x300', 'スリムホワイトスムージー', 'スリムホワイトスムージー', 'houbi(宝美)', 'グリーンベリースムージー', 'グリーンベリースムージー' ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

正しいダイエットの基本

正しいダイエットの基本
ちまたには非常に多くのダイエット関連の情報があるにはあるのですが、混乱してしまう理由としては「◯◯で痩せた!」と多くの人が言うことが原因の一つとしてあると思います。

◯◯で痩せた!」という人
  • 芸能人/モデル
  • 雑誌やテレビ
  • 識者(お医者さん、トレーナーさんなど)
  • 情報サイト
女性であれば、一度は芸能人やモデルの◯◯さんの体型に憧れたり、そのダイエット方法を実践してみようと思ったことがあるのではないでしょうか?

そしてその多くは雑誌やテレビ、そしてインターネットのサイト等で知ったと思います。

また、その他には識者とされるお医者さんやトレーナーさんなどによるテレビや雑誌での解説「これがダイエットに役立つ!」という情報も見聞きしたことがあるのではないでしょうか?

スタンスの違いは専門家の立ち位置によって異なります。

例えば、フィットネストレーナーであれば、「運動をしましょう」と言うはずですし、エステティシャンであれば「マッサージは大切!」と、サプリの販売会社であれば「このサプリを飲めば健康に、美しく!」と言うと思います。

その発言を自身で完全に信じており、親切心からおすすめをしている場合もあるとは思いますが、程度の差こそあれど、若干は自身のポジショントークが混ざります。

フィットネストレーナーやエステティシャンであれば自身のお店に通ってもらう事が頭の片隅にあるでしょうし、サプリの販売会社であれば自社商品、お医者さんであれば自身の発行している書籍の売上増加や来院社の増加、芸能人やモデルであれば雑誌の特集内容に沿った発言をしたり、自身が広告塔となっていればその広告商品のに有利な発言をすると思います。(もちろん私もこのサイトを運営する上で、おすすめのグリーンスムージーを紹介していきますので、そういった立ち位置だと言えばそういった立ち位置な事は間違いありません。)

とはいえ、誰しもダイエットにおいて「運動と食事の改善」がプラスの働きをすることを認めることと思います。(中にはとんでもない新説を唱える方も居ることはいますが……。)

これは長年の歴史の証明だけでなく、科学的にも様々な角度から検証されており、適度な運動と過剰なカロリーの摂取を防ぐことは間違いなく肥満を防ぎ、健康的なことは間違いありません。

ただ、自身の立ち位置や正しいと思う考えがテレビや雑誌、インターネットなどを通すことで「大きくなってしまいがち」です。

例えば、お医者さんが納豆を食べて元気に!そして私は◯kg痩せたという意見をテレビで見たとすると、どうしてもお医者さんお墨付きで「納豆がダイエットに効果的なように聞こえてしまいがち」だと思います。(納豆はあくまで例ですし、きちんとした研究結果があることもあります)

もちろん、これを意識的に自分の商売に結びつけている人もいますが、意図的でなくとも起こってしまいがちです。

そうするとその情報を聞きつけた人で「翌日納豆が買えないほど売れる」といった現象まで起こりえます。

◯◯がダイエットにどうやら効果がありそう!といった流れは往々にしてこの様に出来上がります。

先程の例で言えば、納豆はある程度ダイエットに効果があるかもしれませんし、健康的な食生活にプラスになると言えます。

ですが、1日に10も20も食べたら体に悪そうですよね…!
少なくともタレを全てに入れて食べていたら塩分過多だと思います。

このように良いと思われる情報が広がってしまいやすい現状があります。
ですが、その情報がどの程度正確で、どの程度の効果があるかは不透明ですし、新説のような情報のほうが不確かな可能性が高いです。
そしてそれを商売に利用する人もいます。

ベーシックな考え方として「正しいダイエット」は
・運動
・食習慣の改善
が基本となることは間違いありません。

私のスタンスとしては、「続けやすい内容で継続する」ことが最も大切だと常々お伝えしてきました。

逆に急激に痩せようと思った時の弊害は以下の様な可能性が高まります。

◯◯で痩せた!」という人
  • 短期的な減量はリバウンドの可能性が高い
  • 過度な食事制限によるダイエットは続かなく、不健康
  • 運動は空腹が我慢できない可能性がある
  • 急に始めた激しい運動は怪我の原因にも

要はじっくりと続けやすい内容を選ぶことが大切だということです。

運動であれば、「歩く量を増やして、早歩きを心がける」だけでもまずは十分です。

もう少し余裕があれば、最近話題の体幹トレーニングなどを一日10分程度できるように習慣づけてみてください。

そこまで辛い運動ではありません。

食習慣に関しては、『1日1食を目安の置き換えダイエット』『軽めの糖質オフ』を実践することをおすすめしています。

この1日1食を目安の置き換えダイエットと軽めの糖質オフ・糖質制限にも理由があります。

先程も記載の通り、過度な食事制限や全く食べない断食のようなダイエットは人間本来の生命維持の機能からも正しくないと言えますし、健康を害してしまう可能性が非常に高いです。

最もシンプルなダイエットの考え方

・消費カロリーを増やす
・摂取カロリーを減らす

どちらも『健康的な範囲で』、が前提となります。

注意点としては、『消費カロリーを◯kcal増やす + 摂取カロリーを◯kcal減らす = ◯kg痩せる』とは様々な理由からならない点です。
もちろん、摂取カロリーをしっかりとメモして把握⇒自身の生活習慣の改善に役立てるレコーディングダイエットという手法は効果的ですが、履歴を残し続けることの大変さがあります。

当たり前の事だと思われる方も多いかと思います。

……ですが、この カロリー摂取と消費をいかに無理なく行い、いかに続けるかは、想像するよりも大変 です。

ダイエットでこんな経験はありませんか?
  • 空腹に耐えられず間食
  • カロリーを気にするあまり偏った食事になり、肌荒れ・便秘などになってしまった
  • 運動を続けててもご飯は大盛り!なぜか痩せない
  • 運動後にご褒美のデザート、炭酸飲料!
  • 運動が続かず三日坊主
  • 食べないストレスからイライラ、結局は挫折
  • ダイエットに効果的なサプリを買ったが、結局痩せなかった
  • 急な運動で足などを痛めてしまった

ダイエット経験があり、上記に当てはまらない方は、高い確率でダイエットに成功しているはずです。

かくいう私もピーク時から、8kg以上減量しています。

私が減量した大きな理由は軽めに糖質オフとカロリー制限、軽めの筋トレなど、簡単で短時間でできることばかりです。

1日10分も使っていません。

要は、痩せるために必要な事を知り、無理なく自分に合った方法を続けただけです。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //moba8 ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //affiliate-b 'グリーンベリースムージー', '葉酸グリーンスムージー', '低糖質豆乳飲料', '低糖質豆乳飲料', 'おなかラボ', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'マジカルスムージー', '実感_300x300', 'スリムホワイトスムージー', 'スリムホワイトスムージー', 'houbi(宝美)', 'グリーンベリースムージー', 'グリーンベリースムージー' ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

スムージーがダイエットに役立つ理由

スムージーがダイエットに効果的な理由

  • 豊富な栄養素
  • 腹持ちがよい
  • 低カロリー(レシピによりけり)
  • 低糖質(レシピによりけり)

これらの条件がスムージーには揃っていることがダイエットにオススメできる理由です。

ほどよい甘味がある点も嬉しいポイントですね!!

ただポイントとしては、レシピによってはカロリーも糖質も増えやすいです。そこでオススメできるのが『粉末のグリーンスムージー』です。

様々な工夫により、低カロリーで低糖質、そして豊富な栄養素、空腹を感じにくくする成分が配合されています。

自作のスムージーも市販の粉末グリーンスムージーも糖質とカロリーがあることは間違いありませんので、以下に注意が必要です。

スムージーをダイエットに活用する際の注意点

スムージーでダイエットする際の注意点!特に糖質量に注意しよう

・飲み放題ではない
・オヤツとして活用
・1食分置き換え食として使う

前提として低カロリー・低糖質であっても飲み放題にはなりません。

もしチョコレートなど高カロリーで糖質の多いオヤツを食べる習慣がある方はスムージーなどに変更することは1日のカロリーと糖質量を抑えることが可能です。

そして、置き換え食として活用できれば、1日250~500kcal程 減らすことが可能ですので、ダイエットに役立ちます。

あくまで例ではありますが、人が脂肪を減らすために必要な消費カロリーは1kgあたり7000kcalとされていますので、1日200~500kcal程 減らすことができれば月に1~2kgほど脂肪を減らせる計算になります。

酵素はダイエットに役立つの?

酵素を食べてもダイエットには役立たたない
世間的に「酵素」は大ブームまっさかりだと思います。

酵素サプリメントに留まらず、酵素入りの粉末のグリーンスムージーや酵素ドリンクなど多数販売されており、健康的で痩せるようなイメージをお持ちの方も多いかと思います。

後日の記事でもご紹介しますが、この酵素の考え方が様々ありますが、積極的に酵素を摂ったからといってダイエットや美容に役立つわけではありません。

「酵素がダイエットに効果的だからたくさん摂ろう!」と言っているサイトや識者の方は「科学的な見方ができない」か、「あえてポジショントークをしている」などが考えられます。(栄養学的な知識が足らない可能性で、その他の人が言っている酵素が体にいいという説を鵜呑みにしている可能性もあります。)

その根拠や科学的な見方は後日の記事でご紹介予定です。

その時に詳しく解説はしますが、基本的には「酵素入り」に期待しすぎず、酵素入り商品を摂っているから安心ではないと理解していただければと思います。

酵素入りか否かはさておき、粉末のグリーンスムージーなどは低カロリーで低糖質に作られていますので、間違いなくダイエットに役立てることが可能です。

もちろん、自作のスムージーやグリーンスムージーでも低カロリーで低糖質にするコツが有ります。ただ、無意識においしいグリーンスムージーを自作してしまうとかなりの糖質量となってしまい、ダイエットどころか逆に太ってしまう可能性すらあります。

私が実際に試した商品のコスパ比較などを含めて、様々な角度から詳しく解説したランキング記事をご用意しました!
特に上位の商品は、低糖質・低カロリーなことはもちろん、腹持ちの良さやスーパーフード入りなど嬉しい特徴があります。
人気の粉末グリーンスムージー比較ランキング
スムージー比較ランキングはコチラから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする