グリーンスムージーを飲んだ後の体温には注意が必要

グリーンスムージーを飲んだ後の体温には注意が必要

手足など、身体の末端部が冷える「冷え性」は多くの女性の悩みの種ですが、平熱が低い「低体温症」も侮れません。スムージーが直接低体温症を引き起こすという例は聞きませんが、主に生野菜や果物から作られることから、飲んだ直後に体温が下がることも考えられます。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //moba8 ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //affiliate-b 'グリーンベリースムージー', '葉酸グリーンスムージー', '低糖質豆乳飲料', '低糖質豆乳飲料', 'おなかラボ', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'マジカルスムージー', '実感_300x300', 'スリムホワイトスムージー', 'スリムホワイトスムージー', 'houbi(宝美)', 'グリーンベリースムージー', 'グリーンベリースムージー' ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

低体温のデメリット

自分の平熱が何度ぐらいか把握していますか?
体温は健康状態や身体サイクルの重要なバロメーターですが、平熱に比べて高い低いというだけでなく、平熱そのものの高低が身体に大きく影響しているのです。一般に、平熱が35.5℃程度という人は低体温とされていますが、低体温にはさまざまなデメリットがあります。

低体温の人はそうでない人と比べ、免疫力が低いというデータがあります。また、基礎代謝が下がることに加え、体内の酵素が働かないため、栄養素の吸収の効率が悪くなります。血行が悪くなるため、生理痛が重くなることも考えられます。
低体温は血行不順などから起こりうる症状なので、今感じている「冷え」を改善したり、身体を冷やさないように生活することで回避可能です。

とくに朝には要注意

グリーンスムージーは材料や飲み方しだいで体温を下げることがありますが、とくに注意しなければならないタイミングは朝です。朝は体温が上がり始めるタイミングなので身体を冷やすようなことをしてしまうと、体温が上がりにくくなったり、上がりきらないまま一日を過ごすことになってしまいます。このような習慣を続ければ、低体温を引き起こすことが考えられます。

低体温を防ぐには、朝のスムージーを避けるか、体温が低下しにくい飲み方を心がけましょう。たとえば「冷たい状態で飲まない」というだけでも良いですし、「身体を温める食材を使う」「一気飲みしない」などに注意を払うことで、体温の低下を下げることができます。

体温低下を促す食材

グリーンスムージーにはさまざまな野菜や果物が使われますね。とくに華やかな香りがあり、栄養たっぷりのパイナップルやマンゴー、キウイなどは人気の果物でしょう。しかし、残念なことにこれらは体温を低下させる食材に分類されます。身体を温める食材・冷やす食材の見分け方は、その食材の旬や、生育に適した気候を考えると分かりやすいのでおすすめです。

例えば、夏が旬のキュウリやトマト、スイカ…南国フルーツのパイナップルやマンゴーは基本的に身体を冷やす食材です。これらが夏によく好まれるのは、火照った身体を冷やしてくれるからだと考えれば、旬食材って合理的だと思いませんか?

もちろん、身体を冷やす食材=身体に悪いというわけではありません。ホットスムージーに取り入れたり、寒い時期や朝を避ければ、グリーンスムージーで南国フルーツを楽しんでも良いのです。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //moba8 ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //affiliate-b 'グリーンベリースムージー', '葉酸グリーンスムージー', '低糖質豆乳飲料', '低糖質豆乳飲料', 'おなかラボ', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'マジカルスムージー', '実感_300x300', 'スリムホワイトスムージー', 'スリムホワイトスムージー', 'houbi(宝美)', 'グリーンベリースムージー', 'グリーンベリースムージー' ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

まとめ:グリーンスムージーと体温の関係

グリーンスムージーは、飲み方によって低体温を促す可能性があります。低体温はさまざまな身体の不調を引き起こしうる症状で、百害あって一理なし。
低体温を避けるためには、「冷やした状態で飲まない」「身体を冷やす食材を避け、温める食材を取り入れる」「一気飲みしない」ことが重要です。

とくに注意したいのは、体温が上がり始める朝。朝に冷たいものをとると体温が上がりきらず、低体温を引き起こしやすくなります。
スムージーにしばしば使われる南国フルーツは身体を冷やす食材なので、注意しましょう。取り入れるときはホットスムージーにするなどのひと工夫を。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする