冷やして飲む「アイススムージー」の効果って実際どうなの?

話題の「アイススムージー」の効果って実際どうなの?

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //moba8 ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //affiliate-b 'グリーンベリースムージー', '葉酸グリーンスムージー', '低糖質豆乳飲料', '低糖質豆乳飲料', 'おなかラボ', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'マジカルスムージー', '実感_300x300', 'スリムホワイトスムージー', 'スリムホワイトスムージー', 'houbi(宝美)', 'グリーンベリースムージー', 'グリーンベリースムージー' ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

冷たい「アイススムージー」の効果とは?

2015年、夏に話題になった「アイススムージー」。商品としてはサントリーから出ている氷結シリーズのアイスチューハイが品薄になるほどの人気が出ましたし、オハヨー乳業からもアイスデザートが販売されました。また、自作スムージーのレシピも多々考案されています。

グリーンスムージーは飲み心地がもったりとしていて、夏にはちょっと重く感じる人もいるでしょう。ひんやりとした冷たいアイススムージーだったらそんな心配もありません。そこで気になるのは、その効果・効能ですね。アイススムージーには美容・健康効果が期待できるのでしょうか。

アイススムージーという商品

HanakoとコラボしたSmoothie ベリーミックス+チアシード「アイススムージー」の名のつく商品は、前述したようにサントリーのチューハイや、オハヨー乳業のアイスデザートがあります。飲み口はシャリシャリとしていて、その名のとおり、スムージーを凍らせたような食感です。イメージとしては、チューハイはフローズンドリンク、アイスデザートはシャーベットが近いでしょう。

※写真はオハヨー乳業の「HanakoとコラボしたSmoothie ベリーミックス+チアシード」

これらはいずれも、グリーンスムージーのような健康志向のドリンクとは正反対の嗜好品。栄養素や成分を目的とするのではなく、味など飲み物・食べ物そのものを楽しむために飲む・食べるような商品です。
飲むことをおすすめしないというわけではありませんが、グリーンスムージーの代替品としては期待できません。

自作アイススムージー

一方、自作のアイススムージーは、考案されているレシピの多くが個人が考えたものがほとんど。アイスを使ったり、冷凍した野菜・果物を使ったりと作り方はバラバラで、定義が定まっていません。作り方が大きく違うために効果・効能の有無を一概に言い切ることはできず、レシピによっていくつかのパターンに分けられます。

既製品のアイスを用いた場合、見た目はスムージーのような仕上がりになりますが、成分的には前述のアイスデザートに近いものになるでしょう。これではグリーンスムージーの代替品とするには難しく、嗜好性の高いドリンクになります。

冷凍した野菜・果物を使うレシピは、食感・栄養成分ともに一般的なグリーンスムージーに近いものが出来上がります。そもそもスムージーとは「凍らせた野菜や果物から作る、シャーベット状の飲み物」のことを指すので、ある意味、こちらが正しいスムージーと言えるかもしれませんね。

自作アイススムージーの注意点

自作アイススムージーグリーンスムージーはただでさえ身体を冷やしやすいドリンクです。そのため、暑いからといって飲みやすいアイススムージーばかり飲んでいると、お腹を壊したり、冷え性を促進してしまったりというリスクが考えられます。いくら身体によい栄養素や成分を摂取しても、直接的に身体に悪影響のある飲み方をしていては意味がありません。
アイススムージーは、普段のスムージーがどうしても飲みにくいときのピンチヒッターに留めておくのがベターですよ。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //moba8 ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //affiliate-b 'グリーンベリースムージー', '葉酸グリーンスムージー', '低糖質豆乳飲料', '低糖質豆乳飲料', 'おなかラボ', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'マジカルスムージー', '実感_300x300', 'スリムホワイトスムージー', 'スリムホワイトスムージー', 'houbi(宝美)', 'グリーンベリースムージー', 'グリーンベリースムージー' ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

まとめ:アイススムージーは嗜好品

アイススムージーはレシピを問わず、基本的には避けた方が無難でしょう。ただでさえ身体を冷やしやすいのに、さらに冷たく仕上げたアイススムージーは身体の大きな負担となってしまいます。もし、どうしてもアイススムージーでなければいけないのなら、アイスを使うレシピではなく、冷凍野菜や果物を使ったレシピを参考にしてくださいね。

健康のために飲んでいるのに、身体を壊してしまっては損ですよね。飲みやすさばかりではなく、身体のことを考えて活用できればそれがベスト!飲みにくければ、スムージーをお休みするというのもひとつの手ですよ。「無理なく、楽しく、健康に」…これがスムージーの最大の魅力なのですから。

ちなみにスムージーライフでは沢山のオリジナルスムージーレシピをご紹介しています!
是非参考にして作ってみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする