【飲み方】グリーンスムージーは氷を入れずに飲もう

【飲み方】グリーンスムージーは氷を入れずに飲もう

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //moba8 ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //affiliate-b 'グリーンベリースムージー', '葉酸グリーンスムージー', '低糖質豆乳飲料', '低糖質豆乳飲料', 'おなかラボ', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'マジカルスムージー', '実感_300x300', 'スリムホワイトスムージー', 'スリムホワイトスムージー', 'houbi(宝美)', 'グリーンベリースムージー', 'グリーンベリースムージー' ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

グリーンスムージーの弱点

多種多様な健康・美容効果が注目されているグリーンスムージーですが、その活用にはいくつかの注意点があります。そのうちの一つが「氷を入れずに飲む・作る」というものです。

グリーンスムージーは基本的に生の野菜や果実から作られます。
生野菜は身体を冷やすものがほとんどですので、グリーンスムージーはフレッシュサラダを食べるのと同じように、身体を冷やしてしまいがちなのです。そのため、グリーンスムージーのデメリットである「冷え」を少しでも抑えるための工夫が必要となります。

冷えは万病のもと

冷えは多くの女性にとって天敵です。
冷えはそもそも、温かい血液が体の末端まで十分に行き渡っていないことから起こる症状です。そのため冷えを放置したり、助長するような行為は身体に悪影響をおよぼす可能性が高く、冷えは万病のもとといわれるほどです。

病気以外にも生理痛が重くなったり、不妊に繋がったりと、とくに女性にとって大きな不利益を引き起こします。さらに、冷えは顔や肌の血色を悪くしますので、せっかく美容のためにとグリーンスムージーを飲んでいても、氷を入れてキンキンに冷えたものを飲んで、顔色が悪くなってしまっては本末転倒でしょう。

グリーンスムージーによる冷えを防ぐには

普通の飲食時の冷え予防としては「冷たいものを控える」というのがまず挙げられます。しかし、グリーンスムージーを温めてしまうと、せっかく豊富に含まれている酵素が不活性化してしまい、効果が薄れてしまいます。そのため、グリーンスムージーによる冷えを防ぐには、温めるのではなく、冷やさないことが重要です。

冷えていないグリーンスムージーを作るには、「氷を入れない」「材料を室温に戻しておく」ことがまず挙げられます。もちろん、食材が傷みやすい5月~9月に食材を室内に放置するのは厳禁です。そのような時期には、購入してきたものを冷蔵庫に入れず、すぐにスムージーにしてしまうのもよいでしょう。

また、入れる食材に身体を冷やす食材を入れないというのもひとつの手です。基本的に夏が旬の食材は身体を冷やし、冬が旬の食材は身体を温めるというはたらきがあるので、そういった観点から材料を選ぶのがおすすめです。ただし、冬の旬食材の中でも、根菜類は生のままだと寧ろ身体を冷やしてしまいます。ですので、身体を温めるイメージの強い大根やショウガなどの食材でも、グリーンスムージーに用いる際には、必ず一度加熱してから使用するようにしましょう。

粉末タイプのグリーンスムージーの場合

粉末タイプは生野菜から作っていない場合もあるので、全てのグリーンスムージーが身体を冷やすとは限りません。しかし、そもそも冷えた食べ物や飲み物を摂ると、身体は冷えてしまいますので、いずれにしてもグリーンスムージーを飲む際は、氷は避けるのが無難でしょう。できることなら、粉末を溶かすための水や牛乳、豆乳などを常温に戻しておけば、より身体に優しい温度で摂りいれられることになります。

まとめ:グリーンスムージーに氷はNG

様々な健康・美容効果がうたわれているグリーンスムージーですが、実は多くの女性が抱える悩みである「冷え」と密接な関係があります。とくに自作のグリーンスムージーの場合は生野菜から作るので、身体を冷やしやすいのです。そのため、グリーンスムージーを作ったり、飲んだりする際に氷を入れてしまっては、冷えを悪化させてしまうと考えられます。せっかく健康・美容効果を目的に飲んでいても、身体を冷やしてしまっては元も子もありません。

そのため、グリーンスムージーを作るや飲む際には氷を入れないことをおすすめします。その他にも、食材を常温に戻す、身体を冷やす食材を取りいれないなどで、グリーンスムージーが持つ「冷え」の効果を軽減することができます。粉末タイプであれば、粉末を溶かすための水や牛乳を常温に戻しておくというのも良い手でしょう。ただし、いずれの場合でも、食材を常温に戻すときは食中毒に注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする