グリーンスムージーは妊娠中でも飲めるの?

グリーンスムージーは妊娠中でも飲めるの?

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //moba8 ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //affiliate-b 'グリーンベリースムージー', '葉酸グリーンスムージー', '低糖質豆乳飲料', '低糖質豆乳飲料', 'おなかラボ', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'マジカルスムージー', '実感_300x300', 'スリムホワイトスムージー', 'スリムホワイトスムージー', 'houbi(宝美)', 'グリーンベリースムージー', 'グリーンベリースムージー' ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

妊娠とグリーンスムージー

食物繊維やビタミンなど、不足しがちな栄養素を豊富に含むグリーンスムージー。食欲が落ちたりして、安定した食事を続けるのが難しい妊娠中に利用できれば、とても心強いことでしょう。そのため、妊娠時の食生活にもグリーンスムージーを取りいれることを検討した人は少なくないのではないでしょうか。しかし妊娠中は、自分の健康は元より、大事な赤ちゃんの健康・発育への影響を考え、様々なことに対して慎重な判断を求められます。果たして、グリーンスムージーは妊娠中に利用しても良いでしょうか。

結論から言うと、一概に良し悪しを断定することはできません。
なぜなら、グリーンスムージーと一口に言っても、その元となった食材や、含まれる栄養素の種類・量は多種多様であるからです。「過ぎたるは猶及ばざるが如し」という言葉があるように、栄養素によっては摂りすぎると身体や胎児に悪影響があるものもありますし、いくら栄養満点といっても、グリーンスムージーにばかり頼ってしまうような食生活では、間違いなく栄養バランスに偏りが生じてしまいます。

この他にも、身体を冷やす作用や、生野菜に含まれる(または付着する)有害物質や食中毒菌などの観点から、グリーンスムージーを妊娠中の食生活に取り入れる場合にはいくつかの注意点があります。
しかし、うまく生活に取り入れることができれば、妊娠中に不足しがちなビタミン・鉄分や、妊娠中に必要量が増える葉酸などの栄養素を簡単に摂取できるようになるでしょう。

妊娠時の摂取に注意が必要な栄養素

妊娠時、とくに注意が必要な「水銀」「ビタミンA」「葉酸」についてご説明します。
まず水銀ですが、これは体内に取り込まれると神経系の障害を引き起こすと言われており、厚生労働省から出されている「妊産婦のための食生活指針」でも注意喚起がなされています。しかし、水銀が含まれるのは魚介類(とくにマグロなどの肉食魚類)ですので、グリーンスムージーについて考える際は、気にしなくて問題ないでしょう。

次にビタミンAについてです。ビタミンには水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがありますが、過剰に摂取した場合、前者が尿として排泄されるのに対し、後者は排泄されずに体内に蓄積されていきます。そのため、脂溶性ビタミンは過剰に摂取したときに過剰症が現れることがあります。中でも脂溶性ビタミンの一種であるビタミンAは、妊娠初期に過剰摂取した場合、生まれてくる赤ちゃんに奇形が発生するリスクが高くなると言われています。

ビタミンAの摂取上限量は、一般的な食生活の中ではまず過剰摂取とならないと考えられますが、サプリメントのように、一度に(少量で)大量のビタミンAが摂れるものでは注意が必要です。サプリメントほどではありませんが、グリーンスムージーも、ビタミンAが多く含まれるものは妊娠中には避けた方が無難でしょう。

次に、葉酸についてです。葉酸は妊娠中に必要量が増大する栄養素で、胎児の脳や神経系を作るのに非常に重要な役割をもちます。脳や神経系が作られるのは妊娠3ヶ月目までの超妊娠初期~妊娠初期ですので、妊娠発覚以前から意識して摂ると良いでしょう。また、葉酸には他にも血液をつくる「造血作用」がありますので、妊娠中期以降にも意識して摂取することが望ましいといえます。

葉酸は水溶性ビタミンの一種ですが、過剰摂取によりむくみや発疹、呼吸障害などの症状が報告されています。ただし、こちらもビタミンAと同じく、普通の食事でこの過剰とされる摂取量に到達することはまずありません。サプリメントを使用する際、その使用量を守れば問題ないでしょう。仮にサプリメントで必要とされる量(妊娠初期で440μg)を摂取したとしても、上限量とされる量の1000μgの半分以下です。葉酸は他の水溶性ビタミンと異なり、一般的な調理では損失が少ないとされるものの、吸収率が低い栄養素ですので、サプリメントやグリーンスムージーなどで積極的に摂取することをおすすめします。

この他にも、摂取がとくに必要とされる栄養素や、過剰症のおそれがある栄養素があります。基本的な注意点については厚生労働省が出している「妊産婦のための食生活指針」や、母子手帳などに記載されていますので、よく読み込んでおきましょう。

妊娠時のグリーンスムージーの利用上の注意

妊娠時の食生活にグリーンスムージーを取りいれる上で、注意すべきポイントは何点かあります。
まず挙げられるのは、「冷え」です。これは冷たい飲食物に共通して起こりうることですが、グリーンスムージーの場合は「調理時、飲食時に氷を入れない」「温めて飲む」「食材を一度加熱する」「身体を温める食材を用いる」などで対処しましょう。一部の酵素は温めることで不活性化し、はたらきが弱くなってしまいますが、「豊富な栄養を摂りいれる」という点においては大きな問題はないでしょう。

次に懸念されるのが「有害物質」「食中毒菌」です。生野菜は農薬が用いられている場合も多く、また土に潜む食中毒菌が付着していることもあります。しかし、いずれもしっかり洗浄すればその多くを除去することができます。それでも不安だという方は、加熱してから用いるとよいでしょう。茹でてしまうと水溶性ビタミンが流出してしまいますが、蒸せばその損失も少なく抑えられます。

ただし、ほうれん草などの葉野菜は必ず茹でてから用いるようにしましょう。葉野菜には硝酸態窒素やシュウ酸と呼ばれる物質が多く含まれています。これらの摂取は健康体では大きな問題がないとされていますが、妊娠中にはなるべく避けるべきだとされています。蒸すのではなく一度茹でるか、もしくは生食用のもの(サラダほうれん草など)を用いることをおすすめします。

そして、「栄養がたっぷり含まれている=これだけ飲んでいれば大丈夫」というわけではないということを、しっかり認識しておきましょう。グリーンスムージーは低カロリーでヘルシーですが、胎児の健康な発育にはエネルギーも欠かせません。肥満はもちろんですが、痩せすぎの妊婦も不健康であることに変わりなく、いずれも胎児が肥満となる可能性があるのです。

まとめ:妊娠中のグリーンスムージーの利用について

妊娠中にグリーンスムージーを飲む上で、注意しなければならない点がいくつかあります。それは大きく「栄養の過剰摂取」「冷え」「有害物質」「栄養バランスの崩れ」の4点です。

栄養が豊富といっても、栄養は多く摂ればよいというものではありません。妊娠中に必要な栄養素は何か、その中でも自分に足りていないものは何か、ということを認識することができなければ、せっかくグリーンスムージーを飲んでも効果があるとは言えません。また、冷たいグリーンスムージーは妊婦の大敵である「冷え」を引き起こす可能性があります。飲む際、作る際に氷を使うことを避け、常温で飲むように心がけましょう。また、食材を一度温めることで有害物質を除去することができます。

グリーンスムージーはあくまで「普段の食事の補助」に留めておき、食事の栄養バランスを整える手段のひとつとして捉えましょう。食生活に取り入れる前に、できるだけかかりつけの医師に相談することで、貴女の身体や経過に合った意見を聞くことができるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする