スムージーだけで物足りないなら温野菜サラダがオススメ!

野菜Photo credit: notfrancois via Visualhunt.com / CC BY

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //moba8 ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //affiliate-b 'グリーンベリースムージー', '葉酸グリーンスムージー', '低糖質豆乳飲料', '低糖質豆乳飲料', 'おなかラボ', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'マジカルスムージー', '実感_300x300', 'スリムホワイトスムージー', 'スリムホワイトスムージー', 'houbi(宝美)', 'グリーンベリースムージー', 'グリーンベリースムージー' ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

スムージーだけだとやっぱりおなかが減る・・・という場合に

グリーンスムージーは他の置き換えダイエットに比べ、栄養価が高く、満腹感を得やすいので、続けやすいダイエット方法として人気を集めています。しかし、いくらスムージーで満腹感が得られるといっても、普段の食事量によっては物足りなかったり、すぐにお腹が空いてしまったりするでしょう。そこで間食をしてしまっては、せっかくの努力が水の泡。
そんなときは一体どんな対応が正しいのでしょうか。

温野菜サラダをメニューにプラス

温野菜グリーンスムージーだけではどうしても物足りないという人には、温野菜サラダがおすすめです。温野菜サラダは野菜を加熱して作りますが、ベストな調理方法は「蒸すこと」です。

ビタミンB群、ビタミンCなどの水溶性ビタミンは水に溶け出しやすいので、茹でてしまうと茹で汁中に溶け出してしまうのです。しかし、蒸すとその栄養の損失が比較的抑えられるので、栄養素を無駄なく摂取することができます。
グリーンスムージーで冷えてしまった身体を温められて、まさに一石二鳥ですね!

温野菜サラダ向けの食材

一般的に、温野菜サラダには葉野菜の他に、にんじんやかぼちゃ、玉ねぎ、じゃがいもなどが使われます。しかし、グリーンスムージーと同じタイミングで食べる場合、にんじん、かぼちゃ、じゃがいもは避けた方がよいでしょう。

これらの野菜はグリーンスムージーの材料にも適さないとされています。なぜなら、これらはでんぷん質が多く、果物の酸と反応して腸内でガスを発生させると言われているからです。

そのため、スムージーと同じタイミングで食べる温野菜サラダは、スムージーの材料にも使える野菜から作るのが一番ですね。
また、野菜の他に鶏胸肉やささみを加えると、野菜に比べて若干腹持ちがよくなります。低カロリーで、ダイエット時に不足しがちなタンパク質も補うことができる優れモノ。野菜だけで満足という人でも、入れて損はありません。作り方も、蒸すか、茹でた胸肉やささみを粗めにほぐしてトッピングするだけと楽チンです。

蒸す場合は硬めに仕上げよう!

温野菜サラダは加熱時間によって、ある程度硬さを調整することができます。クタクタになるまでしっかり加熱したのが好きだという人もいるかもしれませんが、野菜は硬めに仕上げることをおすすめします。

スムージーの弱点は、液体であるために噛む回数が減ってしまうこと。硬めの野菜を食べるには噛む回数を増やさなければならないので、満腹中枢を刺激し、より満腹感を得やすくなります。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //moba8 ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //affiliate-b 'グリーンベリースムージー', '葉酸グリーンスムージー', '低糖質豆乳飲料', '低糖質豆乳飲料', 'おなかラボ', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'マジカルスムージー', '実感_300x300', 'スリムホワイトスムージー', 'スリムホワイトスムージー', 'houbi(宝美)', 'グリーンベリースムージー', 'グリーンベリースムージー' ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

まとめ:スムージーと相性抜群の温野菜サラダ!

置き換えダイエットの弱点「物足りなさ」と、グリーンスムージーの弱点「冷え」「噛む回数」をまとめて解決してくれるメニュー、それが温野菜サラダです。グリーンスムージーにも使える野菜から作れば、温野菜サラダがスムージーの効果を邪魔することもありません。

温野菜サラダを作るときのポイントは「蒸して作る」「硬めに仕上げる」の2点。この2点を守れば、より栄養素を効率的に摂取することができますし、噛む回数を増やして満腹感を得やすくすることができます。

もちろん、グリーンスムージーを飲んでいないときの献立に取り入れてもよいでしょう。手軽に作れて、健康的。しかも低カロリーなんて、ダイエットの定番メニューにしない理由がありませんよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする