グリーンスムージーのレシピ味付けには蜂蜜がおすすめ

ハチミツ

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //moba8 ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //affiliate-b 'グリーンベリースムージー', '葉酸グリーンスムージー', '低糖質豆乳飲料', '低糖質豆乳飲料', 'おなかラボ', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'マジカルスムージー', '実感_300x300', 'スリムホワイトスムージー', 'スリムホワイトスムージー', 'houbi(宝美)', 'グリーンベリースムージー', 'グリーンベリースムージー' ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

グリーンスムージーを飲みやすくする方法とは?

グリーンスムージーは野菜の他にフルーツを加えていることで、同じヘルシードリンクである青汁に比べ、飲みやすい仕上がりになっているのが特徴です。しかし、いくらフルーツが入っていても、とくに野菜嫌いの人や子供だと、葉野菜の青臭さが気になって飲み続けるのが難しいということがあるでしょう。

しかし、健康や美容、ダイエットに良いと分かっているものをみすみす見逃すのも、なんだか勿体ない話。グリーンスムージーを飲みやすくするには、どういった方法がよいのでしょうか。

慣れるまではフルーツを増やせばOK

フルーツグリーンスムージーを作るときの野菜と果物の割合は7:3が推奨されています。しかし、初めてスムージーに挑戦する人は、その味に慣れていないことから、果物の割合を増やしても良いとされています。勿論、果物を増やすことで、野菜の分量は相対的に減ってしまいますが、まずは味や風味になれ、飲む習慣をつけることが優先されます。
だからといっていつまでも飲みやすい「フルーツジュース」を飲んでいては、グリーンスムージーの効果を得ることはできません。慣れてきたら果物を減らし、少しずつでも7:3に近づけていくと良いでしょう。

グリーンスムージーに調味料を足しても良い?

トマト3種でリコピン摂取!スムージーレシピ果物の甘味だけでは、野菜の苦味や青臭さを克服できないという人は、調味料を足すという手もあります。
ただし、グリーンスムージーは調味料を一切加えず、野菜や果物の自然な甘味や風味で飲むドリンクです。健康や美容のために余分なものを排除し、野菜の栄養を最大限吸収するのを本来の目的としたスムージー。

砂糖を加えれば糖分が、塩を加えれば塩分が増え、ヘルシードリンクとしてベストとは言えません。
だからといって、調味料を足したスムージーを飲むと身体に害があるかというと、そうではありません。例えば、普段野菜が不足している人であれば、「グリーンスムージーを全く飲まない」よりも「多少調味料を足したグリーンスムージーを飲む」ことによって得られるメリットの方が大きいでしょう。

そのため、避けられるのなら避けた方が良い手段ではありますが、調味料を加えることで「飲めない」を「飲める」に変えられるのなら、少しだけその力に頼ってみるのもいいかもしれませんね。

味付けにおすすめの調味料/特にハチミツがオススメ

はちみつ実際にグリーンスムージーに調味料を加えるのでしたら、蜂蜜がおすすめです。蜂蜜は抗酸化作用のあるビタミンEをはじめ、ビタミン類やミネラルを豊富に含む栄養満点の甘味料!美容面では保湿効果も注目されていることから、リップケアなどに用いられることもありますね。健康面では、殺菌作用をもつことから、喉の炎症にも効果があるとされています。風邪を引いているときに「蜂蜜大根」「ハニーレモネード」などにお世話になっている人も多いのではないでしょうか?

そして、蜂蜜の特徴としてとくに重要なのが「消化・吸収の速さ」です。砂糖の糖分は身体に取り込まれてから分解されますが、蜂蜜に含まれる糖分はすでに分解されているため、胃腸に負担をかけることなく、素早く吸収してくれます。そのため、胃の弱っている人でも安心して使えますし、すぐにエネルギーに変わるので疲労回復にもぴったり!

蜂蜜は昔から世界各国で親しまれてきた、薬効のある自然派食品。「調味料」というよりもビタミン・ミネラル豊富な「食材」なので、グリーンスムージーに加えても他の調味料のようなデメリットはほぼありません。スムージーを飲み易くする上に、栄養も摂れ、美容・健康効果があるなんて、利用しないのは勿体ないと思いませんか?

蜂蜜をスムージーに入れる場合の注意点

蜂蜂蜜のメリットを紹介しましたが、蜂蜜を加えることに対して2つ注意点があります。
まず1つめは、乳児が蜂蜜を口にしないようにすることです。蜂蜜にはボツリヌス菌と呼ばれる細菌が含まれており、1歳未満の赤ちゃんがこの芽胞(細菌が中に入っている小さな組織)を摂取すると「乳児ボツリヌス症」を引き起こしてしまいます。なお、大人は消化管内で不活性化することができるとされており、問題ありません。

そしてもう1つは、蜂蜜は高エネルギー食品であるということです。消化・吸収され、エネルギーを素早く作り出すため、エネルギー不足のときにはたいへん心強い味方となってくれますが、ダイエット時には要注意。過剰摂取は肥満の要因となるので、スムージーに用いる場合はあくまでも「味を調える」程度に抑えるようにしましょう。

まとめ:グリーンスムージーの味付けには蜂蜜がおすすめ

グリーンスムージーの青臭さが気になり、続けられないという人は、まずフルーツの割合を増やすことをおすすめします。野菜の割合が減ってしまうことで、得られる栄養素も少なくなる可能性がありますが、続けることが第一の目標です。

それでもまだ飲みにくさを感じるようでしたら、少量の調味料を足すという方法もあります。加える調味料のおすすめは蜂蜜です。蜂蜜はビタミンやミネラルなどを多く含む栄養満点の食材ですし、殺菌作用があるので風邪気味の人にもぴったり。消化・吸収が早く、整腸作用もあるので、胃腸が弱っている人や下痢・便秘にお悩みの方も試してみてください。
このように蜂蜜にはメリットが数多くありますが、過信は禁物。利用する場合には「乳児ボツリヌス症」と「過剰摂取」に注意しましょう。

グリーンスムージーレシピ、沢山ご紹介しています♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする