美味しい粉末グリーンスムージーと美味しいスムージーの材料やレシピ

美味しいスムージーの作り方、そして粉末スムージーの選び方を中心にご紹介します!!

ヒトコトに’スムージー’といっても様々なバリエーションがあります。

当サイトは粉末のスムージーを中心に、自作のスムージー、コンビニスムージーなど様々な角度から活用法を検証しています♪

せっかく選ぶなら 美容や健康・ダイエットに役立つスムージーを選びましょう!

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //moba8 ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //affiliate-b 'グリーンベリースムージー', '葉酸グリーンスムージー', '低糖質豆乳飲料', '低糖質豆乳飲料', 'おなかラボ', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'マジカルスムージー', '実感_300x300', 'スリムホワイトスムージー', 'スリムホワイトスムージー', 'houbi(宝美)', 'グリーンベリースムージー', 'グリーンベリースムージー' ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

美味しいスムージーとは?

当サイトで記事を作成するにあたり、様々な商品や自作のスムージーを試していますが、味の判断は中々難しいのも現実です。

美味しさを感じるポイントは個人差がありますし…。

当サイトでは栄養成分などの比較は1名で行っていますが、味の検証に関しては複数名で行っています。
美味しいグリーンスムージーの作り方とは?
甘さが強いほうが好みの方、すっきり柑橘系が好きな方など、豆乳や牛乳などクリーミーさが強いほうが好みなどなど、皆さんも好みがあると思います。

基本的には主となる味の好みを選ぶ事が最初のポイントです。

この主となる味の好みは、自作のスムージーを作る場合にも、粉末スムージーを選ぶ際も重要なポイントになります。

グリーンスムージーとスムージーの違いは?
グリーンスムージーに関しては、提唱者であるヴィクトリア・ブーテンコ氏は、生の果物と葉物の野菜+水のみから作るものと提唱しています。

根菜や牛乳など乳成分、ナッツ類、加糖などを加える事はNGとしています。

当サイトのスタンスとしては、生の野菜や果物だけにこだわることは、栄養成分のバランスを崩してしまう可能性が高いため推奨していません。

ですので、厳密にはグリーンスムージーではなく、スムージーを上手にダイエットに組み込む方法をご紹介しているといえます。

特にスムージーを美容健康・ダイエットに活用したい場合、気になる点として’糖質’があります。

過剰な糖質摂取は太りやすくなる原因ですし、お肌への影響もあります。

これらを踏まえて、ダイエットや美容に役立つスムージーのベースとなるレシピをご紹介します!

美味しいグリーンスムージーを作るベースの材料とレシピ

グリーンスムージーに関しては、好みとなる主な果物の他にクセの少ない葉物野菜を選ぶことをオススメします。(好みもあると思いますが、ほうれん草、小松菜はクセが少なめでオススメです)

当然ではありますが、野菜の量が多ければ多いほど飲みにくくなる傾向が強いです。

ただ、ダイエット目的の場合は、飲みやすさと糖質量を抑えることの両面を気にすることも大切です。

糖質を抑えつつグリーンスムージーをおいしくする材料
  • 1.柑橘系の果物を中心にする(グレープフルーツ、オレンジなど)
  • 2.バナナを入れる
  • 3.ブルーベリーなどベリー系の酸味を活かす
  • 4.レモンなどを活用して酸味を加える
  • 5.牛乳・豆乳(無調整)を加える
  • 6.使う葉物野菜を工夫する(クセが少なめのほうれん草、小松菜がオススメ)
  • 7.甘みがどうしても足らない!⇒オリゴ糖で甘みを追加

1と2は糖質が高めになりますので、無しか、控えめに留め3~7で味を調整することがポイントです。

代表的な美味しくするコツは上記でまとめましたが、過去記事ではより詳しく解説していますので、ぜひご覧ください♪
まずいスムージーはNG!飲みやすいグリーンスムージーの作り方

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //moba8 ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //affiliate-b 'グリーンベリースムージー', '葉酸グリーンスムージー', '低糖質豆乳飲料', '低糖質豆乳飲料', 'おなかラボ', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'マジカルスムージー', '実感_300x300', 'スリムホワイトスムージー', 'スリムホワイトスムージー', 'houbi(宝美)', 'グリーンベリースムージー', 'グリーンベリースムージー' ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

美味しいコンビニスムージー

コンビニのグリーンスムージーは、飲みやすさが研究されていて大抵美味しいです。

味で選ぶなら、『セブンイレブンのプレミアムグリーンスムージー』、『サークルKサンクスのグリーンミックススムージー』などが、ミキサーで作ったグリーンスムージーに近い味です。(果物多めで作った味ですので、飲みやすさも問題ありません。)
セブンイレブンのプレミアムグリーンスムージーは砂糖不使用
なるべく個人の主観を排除した感想をお伝えすると「野菜生活などの野菜ジュースを問題なく飲める人であれば、コンビニスムージーは美味しく飲める」といえます。

反対に市販の野菜ジュースでも飲むのが厳しいという方は、コンビニスムージーも飲みづらいと思います……。

そんなコンビニ各社が力を入れているスムージーの注意点としては、美味しさ以外にあります。

それは糖質量の多さにあります。

どの商品も20~30g程度の糖質量を含みます。(1食分で20~30gの糖質量は結構多めで、一般的な100%果汁のオレンジジュースなどと同等の糖質量でダイエットには不向きです。ダイエット・美容目的であれば、1食分糖質量10g程度、1日1~2杯が目安になります。)

そんな中、美味しさと低糖質&低カロリーを実現しているコンビニスムージーは、「GREEN+SOY」です。

1食分で約10gの糖質量とコンビニスムージーの中で最も低い糖質量です。
低カロリー&低糖質でオススメなサークルKサンクスのGREEN+SOY製品写真
味はケールをベース(青汁系の味)に豆乳の優しい甘みですので、どちらも大丈夫な人であれば美味しく飲めると思います。

私もそこまで青汁が好きなわけではないのですが、GREEN+SOYは問題なく飲めますので、基本的には苦手目な人でも大丈夫な商品だと思いますが、青汁が全く飲めない人には少し厳しいかも…とも思います。

コンビニ4社、計10商品の味と成分を詳しく比較しています!

コンビニのグリーンスムージー4社徹底比較〜真のオススメは??

10商品のうち、味が微妙に感じたのは2種、残りの8種は基本的に美味しかったので、ハズレが少ないと思います。

ただ、ダイエット・美容に関して言えば、糖質量を無視しては意味がありませんので、活用できるのは「サークルKサンクスのGREEN+SOY」の1商品だけです。

コンビニスムージーは美味しいですが、美味しさ重視で作られている点は注意が必要です。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //moba8 ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //affiliate-b 'グリーンベリースムージー', '葉酸グリーンスムージー', '低糖質豆乳飲料', '低糖質豆乳飲料', 'おなかラボ', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'マジカルスムージー', '実感_300x300', 'スリムホワイトスムージー', 'スリムホワイトスムージー', 'houbi(宝美)', 'グリーンベリースムージー', 'グリーンベリースムージー' ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

粉末で美味しいスムージー

粉末スムージーの基本的な特徴として、強い酸味や柑橘系の味がしっかりしている商品は少ないです。

どちらかと言うと牛乳などを足したクリーミーさ重視の味が多いです。
ミネラル酵素グリーンスムージーの牛乳でシェイクした完成図
そして、味に当たり外れが強いのも粉末スムージーだと思います。

美味しさ重視の粉末スムージー選びでナチュラルに近い味では、以下の2商品がオススメです。

わたしとよりそうスムージー
ベジエ グリーン酵素スムージー

上記2商品は味ももちろんのこと、栄養バランスにも優れており、粉末スムージーを試したことがない方で美味しさも重視したい方はまずこの2商品だといえます。

価格面も1食あたりで、コンビニ・自作と比較しても安価に抑えられる点も嬉しいポイントです。

私自身いくつものスムージーを試していますが、上記2種を試したことがあり、味が合わない方は、基本的に粉末スムージーは選ばないほうがいいと思います。

美味しさ重視のスムージー選び
  • 粉末 わたしとよりそうスムージー
  • 牛乳で作ったわたしとよりそうスムージー

  • 粉末 ベジエ グリーン酵素スムージー
  • ベジエグリーン酵素スムージーのパッケージと牛乳で溶かした図
    上記2つの味が難しいなら以下でスムージーを楽しむことをオススメします。

  • コンビニスムージーならサンクスのGREEN+SOY
  • 生のスムージーなら、レシピで調整

どれも試したけれどキツイ…。
という方の最終手段は、先程の生のスムージーにオリゴ糖です。

オリゴ糖は吸収が穏やかで、血糖値の上昇にも繋がりにくい糖質ですので、ダイエットや美容にも影響が少ないと言えます。

野菜の成分を少なめにしつつ、オリゴ糖で味を調節すると甘くて美味しい+健康美容にもいいスムージーが実現できます!!

グリーンスムージーの提唱者さんは、生の素材であることにこだわりがありますが、栄養学的には糖質量の方が注意が必要です。

ダイエットや美容目的で美味しいスムージーを追求する方は、1に糖質を気配りする事をオススメします。

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //moba8 ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //affiliate-b 'グリーンベリースムージー', '葉酸グリーンスムージー', '低糖質豆乳飲料', '低糖質豆乳飲料', 'おなかラボ', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'マジカルスムージー', '実感_300x300', 'スリムホワイトスムージー', 'スリムホワイトスムージー', 'houbi(宝美)', 'グリーンベリースムージー', 'グリーンベリースムージー' ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>
', ' ', ' ', ' ', ' ', //moba8 ' ', ' ', ' ', ' ' ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする