カカオの効果と栄養素、食べ方

カカオ

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //moba8 ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //affiliate-b 'グリーンベリースムージー', '葉酸グリーンスムージー', '低糖質豆乳飲料', '低糖質豆乳飲料', 'おなかラボ', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'マジカルスムージー', '実感_300x300', 'スリムホワイトスムージー', 'スリムホワイトスムージー', 'houbi(宝美)', 'グリーンベリースムージー', 'グリーンベリースムージー' ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

カカオには秘められた力がある

チョコレートの原材料でおなじみの「カカオ」もスーパーフードのひとつ。チョコレート=太る=健康に悪い…というイメージがありますが、カカオそのものには健康や美容に良い栄養素がたっぷり含まれます。
この記事では、そんな「カカオ」に秘められた力をご紹介します。

他の食物の効果はこちら
栄養素別の効果と野菜、果物(フルーツ)一覧
グリーンスムージーに含まれる「酵素」の効果とは?
スムージーにも含まれる「スーパーフード」の効果
ブルーベリーの効果と栄養素、食べ方

基本情報

カカオ 大きさカカオは中南米原産のアオイ科の常緑樹で、カカオポッドに含まれる種子がチョコレートやココアパウダーの原料になります。アフリカを中心に、アジア、オセアニア、中南米などの熱帯地域で生産されています。熱帯地域と聞くと日本では栽培されていないように思われがちですが、近年、小笠原諸島の母島でも栽培されています。暑い地域で生産されるカカオの生産地が九州や沖縄でなく、東京だなんてちょっと不思議ですね。

チョコレートを連想して甘い味を想像してしまいそうになりますが、カカオの種子は苦味が強く、ものによっては酸味も感じられます。もちろん種子だけでなく、果実部分も食べられます。日本ではあまり出回りませんが、カカオポッドに守られた真っ白な果実(パルプ)は南国フルーツらしい甘味と酸味が味わえます。

カカオの栄養素・効果

カカオ 種今でこそ甘いスイーツのイメージが定着しているカカオですが、元々は薬として人々に伝えられてきました。そのルーツは、なんと紀元前にまでさかのぼると言われています。カカオ豆から作られた飲み物は不老長寿の薬とされていたため、カカオ自体が貨幣代わりに取引されていたこともあるほど。近代になり、嗜好品として扱われることが多くなったカカオですが、最近になって、再びその薬効に注目されてきたということですね。

さて、実際のカカオには残念ながら「不老長寿の薬」というほどの薬効はありませんが、「スーパーフード」の冠を頂くのに値する栄養素・成分が含まれています。例えばビタミンEをはじめとするビタミン類、カルシウム鉄分マグネシウム亜鉛などのミネラル、さらに食物繊維も豊富に含まれますし、その他にもカカオポリフェノールテオブロミンなど、カカオ特有の成分も。

カカオポリフェノールはポリフェノールがもつ抗酸化作用はもちろん、ストレスを和らげるリラックス効果があると分かっています。また、テオブロミンにも血行を良くし、緊張を和らげる作用があるとされています。なんとなくチョコレートに手が伸びてしまうのは、疲れていたり、ストレスを感じていたりする証拠かもしれませんね。

また、カカオの主成分は脂質ですが、カカオの脂質は吸収されづらく、コレステロール減少効果のあるオレイン酸を多く含んでいます。
これらの栄養素・成分から、健康効果として高血圧予防便秘改善動脈硬化予防貧血予防疲労回復などで、美容効果としてはアンチエイジングダイエット効果などが挙げられます。とくに便秘改善に重要な栄養素である食物繊維、マグネシウム、脂質が多く含まれることから、原因の異なる便秘解消が期待されます。

カカオの食べ方

チョコレート カカオを多く含む食品はチョコレート、ココアということはご存知のとおりです。しかし、これらはカカオと同時に砂糖を多く含むため、前述の健康・栄養効果を摂りたいからと多量を摂るのはおすすめできません。結果としてエネルギー過多となれば肥満に繋がります。

また、カカオパウダーを利用するという方法もあります。砂糖や乳脂肪分を添加したココアパウダーもありますが、添加物の少ないものほど純度が高く、効率よくカカオの栄養素を摂取することができます。添加物の少ないカカオパウダーも過剰摂取はNG。栄養バランスが偏ってしまってはせっかくの豊富な栄養素もうまく作用してくれません。

カカオとスムージー

カカオパウダー国内ではカカオの実を手に入れるのは難しく、スムージーの材料のひとつとしてカカオを用いるというのはあまり現実的ではありません。そのため、グリーンスムージーでカカオを楽しんだり、カカオの栄養素を摂りたいというときには、出来上がりにカカオパウダーを振る「ちょい足し」がおすすめです。パウダーであれば粉末スムージーにも使えますし、苦味もそれほど影響しません。ただし、カカオの香ばしい香りと相性の悪い食材を使ってしまっては、スムージー全体の味がちぐはぐになってしまうので、ご注意を。

まとめ:カカオの効果と栄養素、食べ方

昔から何気なく口にしてきたカカオですが、実は栄養素がぎっしりつまった非常に優秀な食材なのです。
カカオは中南米を原産とするアオイ科の常緑樹で、赤やオレンジの木の実に含まれる種子がチョコレートの原料となります。カカオ豆は甘くなく、むしろ苦味や酸味のある香ばしい大人の味です。

カカオにはビタミン・ミネラル・食物繊維・ポリフェノールが含まれ、風邪予防・便秘改善・貧血予防・高血圧予防・動脈硬化予防・疲労回復などの健康効果や、アンチエイジング・ダイエット効果などの美容効果が期待されます。

カカオを含む食べ物としてチョコレートやココアがありますが、栄養成分を効率良く摂るにはカカオパウダーを利用すると良いでしょう。大きめのスーパーやデパート、インターネット通販などで購入することができます。

スムージーに用いる際は、出来上がりのスムージーにカカオパウダーを振りかける「ちょい足し」がおすすめ。野菜よりフルーツが多めのスムージーなら、カカオの香りもぴったり合いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする