ピタヤ(ドラゴンフルーツ)の効果と栄養素、食べ方

ピタヤ

', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //moba8 ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', ' ', //affiliate-b 'グリーンベリースムージー', '葉酸グリーンスムージー', '低糖質豆乳飲料', '低糖質豆乳飲料', 'おなかラボ', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'おなかラボ(ダイエット訴求)', 'マジカルスムージー', '実感_300x300', 'スリムホワイトスムージー', 'スリムホワイトスムージー', 'houbi(宝美)', 'グリーンベリースムージー', 'グリーンベリースムージー' ]; $count = count($adList); $randInt = mt_rand(0, $count); ?>

スーパーフード「ピタヤ」ってすごい!

少量でもたっぷり栄養素が含まれるスーパーフード。美容や健康に関心のある人なら、その栄養素や効果について知っておいて損はありません!
この記事では、そんなスーパーフルーツの中で、アサイーに続いてブームとなった「ピタヤ(ドラゴンフルーツ)」をご紹介します。

スムージーにも含まれる「スーパーフード」の効果」もあわせてお読み下さい。

基本情報

ピタヤは柱サボテンの果実の総称で、メキシコや中南米を原産地とする南国フルーツです。近年、日本国内でも九州や沖縄で栽培されています。日本でいう「ドラゴンフルーツ」はレッドピタヤを指します。

本来ピタヤは、他の南国フルーツのように糖度が高く、ほのかな酸味があります。とくに甘味が強いのはピンクピタヤです。このほかにホワイトピタヤ、イエローピタヤなどの種類があり、どれも色鮮やかでいかにも「南国フルーツ」という見た目をしています。しかし、ピタヤは追熟しても糖度を増さないことから、輸入品のように熟す前に収穫されると、未熟果の味のまま出荷されることになります。そのため主に輸入品が流通する日本では、ピタヤの味が「薄味」「味がしない」と評価されることが多いのです。

ピタヤ(ドラゴンフルーツ)の栄養素・効果

ピタヤは他のフルーツと同じように、ビタミンB群、C、 などのビタミンや、カリウムマグネシウム鉄分などのミネラルアントシアニンベタシニアンなどのポリフェノール、そして食物繊維が含まれます。とくにカリウムやマグネシウムの含有量は果実の中でもトップクラス!カリウムは体内の塩分を調整する役割や、利尿作用があります。また、マグネシウムは便の水分量を増やすため、硬い便にお悩みの人にぜひ摂ってほしい栄養素です。

これらの栄養素から期待される健康効果としては、風邪予防、高血圧予防、便秘改善、貧血予防などで、美容効果としては美肌効果(美白・シミ予防)、むくみ解消、アンチエイジングなどが挙げられます。また、比較的葉酸を多く含むフルーツなので、妊娠・授乳中の女性にも積極的に摂ってほしい食材です。

女性の頭を悩ませる症状の改善に不可欠な栄養素を含むピタヤですが、南国フルーツなので、身体を冷やしてしまう作用も。食べ過ぎには充分注意してくださいね。

ピタヤ(ドラゴンフルーツ)の食べ方

ピタヤピタヤは生食をするほか、夏には冷やしてジュースやシャーベットとして楽しんでも良いでしょう。ただし前述のとおり、国内で一般的に出回っているのは未熟果の状態で収穫されたもので、味は淡白な場合がほとんど。甘いフルーツがお好みなら、国産の完熟ピタヤを選びましょう。なお、国産だからといって必ずしも完熟した甘いピタヤとは限らないので注意してくださいね。

また、シリアルや他のフルーツにピタヤで作ったスムージーと蜂蜜をかけた「ピタヤボウル」もおすすめです。手軽にしっかり栄養が摂れますし、低カロリーなので朝食やおやつにぴったり。インターネットなどで販売されている「ピタヤピューレ」を活用すると簡単に作れますよ。また、ピタヤボウルはアサイーボウルと同じようにハワイ発のデザートなので、ハワイ料理専門店で取り扱っていることも。

ピタヤ(ドラゴンフルーツ)とスムージー

ピタヤ、マンゴー、パイナップルのカラフル「グリーンスムージー」レシピもちろん、グリーンスムージーへの使用もできます。ピタヤの味をベースにした甘いデザート感覚のスムージーの場合は、生食同様、国内産の完熟ピタヤを選びましょう。反対に、あくまでピタヤの健康・美容成分だけが欲しく、ピタヤ以外の素材の味を楽しみたいのであれば、輸入品を選ぶと良いでしょう。

ピタヤを使ったグリーンスムージーレシピはこちら
ピタヤ、マンゴー、パイナップルのカラフル「グリーンスムージー」レシピ
グリーンスムージーレシピ「ピタヤ」と「パイナップル」入り!
ドラゴンフルーツ(ピタヤ)で「葉酸タップリ」スムージーレシピ

ピタヤを使った粉末スムージーには「ミネラル酵素ピタヤスムージー」や「アゲル ピタヤスムージー」などがあります。”グリーン”スムージーなのに、ピタヤを使っているから色はとってもきれいなピンク色なので、粉末スムージーとしてだけでなく、ヨーグルトやシリアルにかけて楽しんでも良いですね。

まとめ:ピタヤ(ドラゴンフルーツ)の効果と栄養素、食べ方

紅色の果皮が存在感抜群のピタヤは、アサイーに続き、日本でブームを起こしたスーパーフルーツです。
南国を原産とするサボテン科の果実ですが、最近では九州や沖縄などでも栽培されています。本来、甘味・酸味のあるフルーツですが、未熟果で収穫された輸入品などは非常に淡白な味。糖度の高いピタヤをお求めの際は、国産の完熟ピタヤを選ぶと良いでしょう。

ピタヤにはビタミン・ミネラル・食物繊維・ポリフェノールが含まれ、風邪予防・便秘改善・貧血予防・高血圧予防などの健康効果や、美肌・むくみケア・アンチエイジングなどの美容効果が期待されます。ただし南国フルーツなので、食べ過ぎによる身体の冷えには充分注意してくださいね。

ピタヤは生食のほか、ジュース、シャーベットなどで楽しむのが一般的です。スムージーやピューレにしたピタヤを乗せた「ピタヤボウル」は朝食やデザートにおすすめですよ。グリーンスムージーに利用する場合は、ピタヤの味をメインにするかどうかで完熟果・未熟果を使い分けると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする